長期投資の状況(3/27)

投資
スポンサーリンク

長期投資の状況(3/27時点)

 

今週は、アメリカの巨大金融緩和という大きなニュースがあり、

世界全体の株価が上昇

購入を見送りました

 

その結果、口座の状況は以下の通りです

グラフの下落率は、コロナショック前の2/3を基準にしています

米国株(単価100ドル以下)

デルタ航空が大きくリバウンドしました

 

米国株(単価100ドル以上)

ハイテク、S&P共にリバウンドしました

 

保有株の割合

SPYDに偏りすぎの印象ですが、このETF自身が分散されているので、とりあえず気にしないことにします

 

先週金曜日(3/20)ぐらいのニュースでバフェットがデルタ航空を購入した

という記事をみたので、デルタ航空の株価を購入しました

今週は大きくリバウンドしました・・・〇

 

今週はいったん買いを控えて、もう一段の下げを待ってみることとしていました

しっかり、買わずに過ごすことができました・・・〇

 

リーマンショックの時は54%下げたところが底でした

 

 

今週の相場の感想

 

日経平均は、19,000円まで回復しました

16,000円(*)からの反発をキープしています

*16,000円は甘利ラインと言われています

 

ドル円は、107円となりました(先週は110円でした)

徐々に円高になってきています

ドル需要はそろそろ終焉でしょうか

 

ダウは、21,500ドル程度で終えました

コロナショック前の2/3は28,500ドル程度でした

高値から▲25%程度下にいます

リーマンショックの底は▲54%の地点でした

 

ロックダウンが、世界の大都市で広まってきました

サービス業、製造業共に最終消費者が活動制限されては、経済は回りません

政府は金を個人&中小企業へ供給し始めましたが、

消費をしないのだからどうにもなりません

 

リーマンショックのときは、自動車販売台数が

世界で1千万台程度落ち込みました(2008~2009年)(下図)

今の段階で、当時と同じ比率で減産したら、失業者の数が

膨大になりますね

 

 

 

各国の経済運営の状況です(金融政策&コロナ対策)

 

中国

(金融政策)

・企業が負担する年金や失業保険などの負担をおよそ5100億人民元(*)軽減

*7兆9000億円

・未資格者へ6か月間の失業補助金を支給

(コロナ対策)

・ロックダウン 武漢

 

アメリカ

(金融支援)

・2兆ドル(*)の経済対策を計画

*220兆円

・個人に最大1200ドル(*)の現金を給付&航空業界や中小事業者へ資金支援

*13万円

(コロナ対策)

・ロックダウン カリフォルニア他 (3/19~)

 

イギリス

(金融支援)

・従業員の賃金の80%を月2500ポンド(*)を上限に肩代わり

*33万円

・このほか3300億ポンド(*)の資金繰り支援

*43兆円

(コロナ対策)

・ロックダウン 全土

 

ドイツ

(金融支援)

・7500億ユーロ(*)の経済対策

*90兆円

(内訳)

・大企業向け債務保証 4000億ユーロ

・企業への出資 1000億ユーロ

・金融機関へ出資 1000億ユーロ

・中小企業へ最大1万5000ユーロ(*)支給

*180万円

(コロナ対策)

・ロックダウン バイエルン

 

韓国

(金融支援)

・100兆ウォン(*)の金融支援 社債を購入してデフォルト回避

*9兆円

・1カ月以上操業停止した企業へ、休職手当の9割を支給

・入院した従業員1名あたり13万ウォン(*)を企業へ支給

*1万2000円

 

日本

(金融支援)

・リーマンショックの時の対策費用(56兆円)を上回る規模で対策検討中

 

インド、イタリア、フランスなどでもロックダウンを実施中

 

金融支援はセーフティーネットとして使われる色合いが強いですね

消費喚起の金融支援ではありません

コロナ対策はロックダウンを強く推しているので、経済活動は極端に悪くなる方向です

 

長期投資の参考書

 

底値付近で買っていると思っていても、ズルズル株価が下がると

ストレスになるものです

そんな時は、この本を読んでみるとスカッとします

職場の同僚には、会社の持ち株制度で大量に株を保有している人がいます

今回の暴落でイライラしているようにみえます

この本読めば気持ち楽になるんですがね

リーマンショック突入後、そのあとのリバウンドで資金が増やせたのはこの本のおかげです

私の人生最高の投資指南書です

書評だけでも役に立ちますので、貼っておきます

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました