トヨタ決算のコロナ影響 経済回復のヒントが書いてあった

投資

車が売れていません

すそ野が広い産業のため

トヨタがこけると、日本がこけます

 

そう、すべてコロナのせいです

コロナのせいで派遣さんは職を失い、

大企業の社員はテレワークで自宅でぬくぬく

労働の二極化が生まれました

 

コロナによるこの経済規制が続けば、

労働方式の二極化は均一化され、

派遣も大企業社員も職を失い、

有能なもののみ職を得ることになるでしょう

 

スポンサーリンク

経済規制はいつまで続くのか

みんな気になりますよね

ちょうど、この時期は企業の決算シーズンなので

その中にヒントを探してみました

 

ここでは、トヨタの決算を見てみたいと思います

といっても、複雑な分析をするのではありません

リーマンショックの時の発表と比較するだけです

 

リーマンショックのときの販売台数推移

こちらになります

あのときは2008年8月ぐらいにリーマンショックがおこり

’09年3月期の決算を大幅に悪化させました

さらに、’10年3月期の見通しを前年比マイナスで発表しました

 

リーマンショックのときの営業利益推移

こちらになります

’09年3月期は、期中に販売台数が▲16%したことで、

営業利益が目標から2兆円低い、4千億円の赤字となりました

さらに’10年3月期の見通しを8千億円の赤字と、さらにマイナスさせています

 

世界のトヨタが一年間仕事して、1円の利益も上げられない予想

驚きでしたね

 

ただ、実際は異なりました

販売台数:見通し+70万台

営業利益:見通し+1兆円

目標を大きく上回り、’10年3月期を終えました

 

グラフをご覧いただくとわかるように、

世界が突然死するような出来事の時は、

トヨタでも予想を下回る数字になりますが、

それ以外では、予想を上回る着地をしています

 

そうですね

世界的企業が目標未達することがあれば、

世間が騒ぎます

 

さらに、優秀な世界に散らばったスタッフが

正確な情報を持ち寄り、来期の予想を立てます

精度がいいに決まっています

 

そこで、トヨタの決算の特徴は2つではないでしょうか

・精度が良いので、世界が突然死するような

事態でもない限り、予想を上回る決算となる

・予想は厳しめに発表する

 

以上を踏まえて、21年度3月期の予想を見てみましょう

2020年5月12日に発表されたものです

 

コロナ後の販売台数

こちらになります

【出典】トヨタ自動車HP

ポイントは、700万台という数字です(後で説明します)

コロナ後の営業利益

こちらになります

【出典】トヨタ自動車HP

 

21年3月期の着地点は次の通りです

 

販売台数:700万台

営業利益:5,000億円

 

実は、この販売台数700万台には意味があります

リーマンショックを経験した後、トヨタは700万台の

販売台数でも利益がでる体質強化に取り組んでいました

 

 

恐ろしい会社ですね

『勝って兜の緒を締めよ』とは、まさにこのこと

 

’10年3月期

販売台数:724万台

営業利益:1,475億円

 

’21年3月期(予)

販売台数:700万台

営業利益:5,000億円

 

損益分岐点が大きくカイゼンしています

21年3月期はしっかり利益を出してくれそうです

 

まとめ

トヨタの決算から推測すると

・コロナの経済ダメージは、リーマンショック時を下回る

 

そこからの私の展開

・下がった株は買う(早期に経済がスイングバックするため)

 

ランキングに参加しています

ポチっとしていただくと、励みになります

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

投資
スポンサーリンク
ふるをフォローする
氷河期世代カレー職人の資産運用

コメント

タイトルとURLをコピーしました