節約 家計のポイ活(3)

雑記

ポイ活 第3弾です

 

<ガソリン代>
年間 ▲2万8千円
燃費 +20%
スポンサーリンク

燃費の向上

過去の私の車の乗り方が悪かった

というのが原因ですが、

所有するハイブリッドカーの燃費が

18.8km/L → 23.5km/L

になりました

 

年間移動距離2万kmと多いため、

ガソリン使用量は

1,064L → 851L(▲213L)

と大幅に減量できました

 

ガソリン単価を133円/Lで計算し

133円/Lx213L=▲2万8千円

 

燃費の向上方法

他のHPなどで、燃費向上のために

・車の発進をスローにする

・エンジンブレーキを使う

と書かれている記事を多く見かけます

 

しかし、発信をスローにすると、

後続車に迷惑がかかるので、

私はあまりやりません

 

私が実施したのは、通常スタートして、

ある程度速度が出たら(40kmぐらい)

アクセルをいったん戻すという作業

そうすると、瞬時燃費が99km/Lになります

 

さらに、スピード感は踏みっぱなし

の時とほとんど変わりません

加速→アクセルを戻す

これが燃費向上に大きく貢献しました

 

他にも、

・前の車と車間をしっかりとる

ーー急ブレーキの抑止

・高速で100km/L以上出さない

ーー年初効率が良いところで走る

などを心がけています

 

他にもガソリン代を安く

あまり知られていない話

ガソリンは温度の上昇で

体積が膨張しやすい液体です

 

温度が10℃が上がると、1.4%膨張します

 

膨張するということは、

密度が低くなるということです

 

だから、同じ50Lの給油量でも

温度が低いガソリンのほうが

エネルギー量が大きいです

 

つまり、

給油は朝早くか夜遅く

の気温が低いときにするのが

得だということです

 

10℃の違いで高々1%の違いですが、

継続すると大きな違いになりそうです

雑記
スポンサーリンク
ふるをフォローする
氷河期世代窓際管理職の資産運用

コメント

タイトルとURLをコピーしました